はじめに

「初心者のためのウクレレ弾き方講座」の方針について。
当コンテンツでは、「なにか簡単な楽器が始められないか」「ギターはちょっと弾いたことあるのでウクレレも弾いてみたい」といったような楽器の入門者、あるいはライトユーザーを対象としています。

「初心者のためのウクレレ弾き方講座」の方針

コンサートサイズのウクレレ

ウクレレの基本的な知識の修得からコード(和音)を押さえて簡単な曲を弾けるようになること、またコードとメロディを織り交ぜて演奏するいわゆる「ウクレレソロ」と呼ばれる奏法の紹介までを扱います。

筆者自身がまだウクレレ初心者のため、そのレベルに合わせたわかりやすい解説を心がけます。

用意するもの

ウクレレを一台用意しましょう。使用するウクレレの種類は、「ソプラノ」「コンサート」「テナー」のいずれでも構いません。

参考:ウクレレのサイズと選び方

チューニングのための音叉やチューナーがあれば便利です。

チューニング方法は一般的なHIGH-Gを基本とします。

チューナーと音叉

ウクレレはギターやピアノなどと比べてハードルの低い楽器です。

初めて楽器を持つような人でも、少しがんばればそれなりに弾けるようになります。

また、ウクレレは奥深い楽器です。

アイデアと工夫で4本しか弦の無いこんな小さな楽器とは思えないほど豊かな音楽を奏でます。

僕自身もまだまだ初心者です。ウクレレと音楽を楽しみながら一緒に練習しましょう。