ウクレレチューナー

レギュラー、LOW-G、バリトンウクレレのチューニング方法に対応した簡易ウクレレチューナー

レギュラーチューニング

  • 1弦 (A)
  • 2弦 (E)
  • 3弦 (C)
  • 4弦 (G)

もっとも一般的なウクレレのチューニング方法です。

4弦の音がオクターブ高く「はなこさ~ん」と聞こえると言われます。

ウクレレにはソプラノ、コンサート、テナーといった様々なサイズがありますが、サイズが変わっても基本的には同じチューニングをします。

参考:ウクレレのサイズと選び方 | 初心者のためのウクレレ弾き方講座

LOW-G(ロージー)

  • 1弦 (A)
  • 2弦 (E)
  • 3弦 (C)
  • 4弦 (G)

4弦を専用の弦に張り替え1オクターブ低いGに調弦します。

音域が広くなるためウクレレソロの演奏で重宝します。

ボディの小さなソプラノウクレレにはあまり向きません。

バリトンウクレレ

  • 1弦 (E)
  • 2弦 (B)
  • 3弦 (G)
  • 4弦 (D)

バリトンはウクレレの中で最も大きなサイズのウクレレで、このサイズのみ他のウクレレとチューニングが異なります。

D-G-B-Aはギターの1~4弦と同じ音階です。

  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェア
  • lineでシェアする
  • pocketに保存する
  • 購読する